筋トレと水の関係性、大切さ

水を飲む大切さ、体内に及ぼす影響、そして筋トレで欠かせない水!

 

筋トレというと何を思い浮かべますか?腕立て伏せやベンチプレスなど激しいトレーニングを思う方は多いと思います。

水の大切さをお伝えしていきますので引き続き読み進めてくださいね。

 

運動後は水を飲みましょう

あたが激しい運動を行った後はどうしますか?

真夏で暑い日は何をしますか?

水を飲みたくなりませんか?人は水が飲みたくなるのです。

人間の体の約60%は水分で出来ています。また筋肉もたくさんの水分が含まれています。

筋肉への栄養分を運んだり、老廃物を排出する血液もおよそ90%が水分であり、筋肉に与える影響はとても大きいことがわかりますね。

 

水分不足のまま筋トレを行うと?

水分不足のままトレーニングを行うと筋肉の増強効果も小さくなることがわかっています。

トレーニング後に分泌される乳酸の排出にも水分がとても大切になります。

体に十分な水分があれば、血液が乳酸を効率よく運ぶことができ、疲労回復が早まったり、筋肉痛が緩和されたりすることが期待できます。

このように、筋肉と水には密接な関係があります。しっかりと水分補給を行ったうえでトレーニングを行うことが大切になります。

運動することで 汗をかき→水を飲み→また運動で汗を出す 老廃物の排出、新しい水を蓄え、老廃物の排出 という良い循環が出来上がります。

 

1日どれくらいの水分が必要?

最低限の目安を確認しましょう。

体重(㎏)   必要な水分量(L)

45~68㎏      4L

69~91㎏      5L

91㎏以上      6L

 

多くの人にとってのどの渇きは、体が水分を必要としているシグナルです。

喉が渇くという感覚は、血中の塩分量によってコントロールされています。

塩分量が多ければ脳に指令が送られ、それは喉の渇きとして体験されます。

 

水分を摂るタイミングは?

4Lの水を飲むのは結構大変だと思いませんか?

実は料理の中の水分も含めていますので実際に水としての摂取量は約2L程度になります。

普通の生活ではキツイと思うかもしれませんがトレーニングを行った日はあまり気にせずもいくと思います。

トレーニングを行わない日も2L摂取したいと思う方はコップ1杯の水を細かく摂取しましょう。

例えば朝起きて、朝、昼、夜の食事前後、お風呂上り、寝る前に飲むようにするとコップ約1杯200㎖なので1日2Lはキープできますよね。

 

毒素の排出効果

水をしっかり飲むことで利尿作用が高くなります。尿は体の中の毒素を排出する役割があるため、水を飲むことで体の毒素を排出することが出来ます。

筋トレを行っていると必然的にタンパク質の多い食生活になると思います。

タンパク質は大量に摂取すると、分解後の老廃物が毒素として体に残りやすくなりこの毒素が疲労の原因にもなります。

水を飲むことで毒素をどんどん排出し、筋トレで溜まった疲労を回復してあげましょう。


ニュースレターを購読します

シェアする

フォローする